おひとりトラベラー(おひトラ)

俺が知りたいひとり旅情報まとめ

観光・夜遊び

アユタヤ遺跡+象乗り体験半日ツアー体験レポート【自分で行くより安い】

更新日:

せっかくバンコクに友人が遊びに来たので、この機会にアユタヤ遺跡+象乗り体験半日ツアーに行くことにしました。今回はタイの中でも有名な観光スポットが多いアユタヤ観光名所をレポートします。

アユタヤ遺跡+象乗り体験半日ツアーは安い

実は最近めっきりバンコクにも慣れてきてしまっていて、金銭感覚も完全バンコク基準になっていました。おかげでタクシーですら高いと思うようになっていて、主な交通手段はバスと電車という完全に現地人と同じスタイルで生活を送っています。

今回友人とタイの観光名所を巡るにあたって、とりあえず象には乗ってみたいということだったので、象+αが楽しめるアユタヤ方面に行こうという話になりました。

自分で行くと時間的にも金銭的にも大変

当初はタクシーをチャーターして全て自分で賄おうかとも考えたのですが、アユタヤはバンコクからタクシーで約2時間かかります。更に現地に到着してからも、遺跡から遺跡の移動や、象乗りの料金なども高いので、総合的に判断してツアーを利用することにしました。

というか普通にツアーの方が安かったです。規模の経済には勝てません。

バンコク内のホテルに集合

最初の集合場所はバンコク内のホテルです。ホテル前に添乗員さんらしき人がいるので、その人に連れられて用意されたバスに乗り込みます。バスは広々していますし空いてました。

一人当たりのスペースも広めでかなり快適です。

このままアユタヤ遺跡まで2時間ほど揺られます。

Sponcerd


アユタヤ遺跡 ワット・ヤイチャイモンコン

一か所目はワット・ヤイチャイモンコンです。

最初だけ添乗員が簡単に説明してくれますが、すぐに自由時間になります。

しばらく進むと72メートルの大塔が見えます。

この大塔は1592年にビルマとの戦勝を記念して建てられたそうです。

塔周辺には耳たぶの大きな仏象が並びます。

仏象の台座に可愛い女の子のオブジェが二つ置いてありました。多分お客さんのいたずらです。

やることもないので72メートルの塔に登ります。

塔の中には小銭を投げ込める賽銭箱のようなものがありました。ただ、コウモリが糞をしているのか臭すぎます。息ができません。

塔から外を見るとこんな感じです。景色を遮る変わった作りです。

塔を登りきる手前のエリアは一周できるようになっています。

ここからなら周辺の景色を一望できます。

等周辺は仏象だらけです。みんなうっすら笑っているので下から撮ると優しい顔になります。

特に見るところもないのでバスに戻ります。とにかく熱いです。

Sponcerd


アユタヤ遺跡 ワット・マハータート

二か所目はワット・マハータートです。さっきの遺跡からバスで10分ほどで到着します。アツすぎますが汗が引く前に到着です。

ここも添乗員に案内されてまず寝仏象を見せられます。

寝てます。

ストリートファイター2のサガットが戦ってる場所だと思われがちですが実は違います。更にでかいのが別の場所にあります。

添乗員に案内されて更に進みます。

途中でスプリンクラーの隣でスプリンクラーと同じ仕事をしているおばちゃんがいました。タイの人件費の安さに驚かされます。

ここには低めの塔が多数あります。

倒壊寸前の物と修繕中の物が並びます。風化がヤバいです。

緑に囲まれた仏象が印象的でした。

奥の方には携帯の基地局が見えます。不思議な対比です。

ワット・マハータートといえばこの樹に覆われた仏象が有名すぎます。多分樹が成長しすぎたんですね。

道中にはやたらと野犬がいます。危険な感じはないです。

また、子供を使って花を売りつけようとするあざとい商売も見かけました。誰もかってませんでした。

Sponcerd


アユタヤ遺跡 ワット・プラ・シーサンペット

三か所目はワット・プラ・シーサンペットです。特に見るところもない似たような遺跡が続いていますがこれが最後です。アツすぎて早くバスに戻りたいのと、変化が無さ過ぎて飽きますね(笑)

ここは3つの塔が印象的な遺跡です。

夜はライトアップされるらしいですが、今回は夕方でした。周辺には何もないので夜ここに来る難易度は高いですね...

ここは3つの鉄塔以外はボロボロです。ビルマとの戦争で破壊されてしまったそうです。

ここの仏象は全て首から上がありません。多分ビルマに意図的に破壊されたものだと思われます。

象乗り体験

似たような遺跡が続いていましたがいよいよ象乗り体験ツアーです。

象は実際に目の前にすると思っている以上に大きくて圧倒されます。

あと汚くて臭いです。象を嫌いになれます。

写真撮影用の象はあざとい感じでした。

早速増に乗ります。一番楽しみにしていた時間です。ちなみに象の背中はこんな感じで毛だらけです。

象乗りは象の背中に取り付けられた専用の椅子に座ります。安定感はありますが、象が一歩進むたびに揺れます。

象乗りが終わると象にチップを要求されます。象使いもチップチップうるさいです。全体的にあざといです。

アユタヤ遺跡 ワット ローカヤスッター

最後に少しだけバスに揺られてストリートファイターの聖地と言われているワット ローカヤスッターに向かいます。

サガットのステージ的な場所です。

広い空間にポツンと寝仏があるのが印象的です。

ここにいた野犬はカメラを向けると威嚇してくるタイプでした。

アユタヤ遺跡+象乗り体験半日ツアーまとめ

アユタヤの主要な遺跡と象乗りを半日でこなせるコスパの良いツアーでした。自分で行きつつ調べる労力を考えるとはるかに楽ですし、移動費などを考えても安いです。

アユタヤといえばタイの遺跡がたくさんあるので一度は言っておくべき場所ですが、ここは自力で行くよりもツアーの力を借りるのがおすすめです。

タイ行ってきたまとめ

国内行ってきたまとめ

-観光・夜遊び

Copyright© おひとりトラベラー(おひトラ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.