おひとりトラベラー(おひトラ)

俺が知りたいひとり旅情報まとめ

福島

【2018年版】福島でおすすめのお土産20選。スイーツ・グルメ・雑貨など

更新日:

ままどおる

福島県のお土産のお菓子の定番です。
ままどおる、とはスペイン語で「お乳を飲む子」という意味があります。
その意味にふさわしく、バターを使った生地でミルク味の餡を包んだ焼き菓子です。
三万石というお菓子屋さんのほか、各駅のお土産コーナー、道の駅、高速道路のパーキングエリア等でもお買い求めいただけます。

檸檬

檸檬と書いて「れも」と読みます。
檸檬はベイクドチーズケーキです。
なめらかな口当たりで、ほんのり檸檬の香りが口の中に広がります。
檸檬は柏屋というお菓子屋さんのほか、各駅のお土産コーナー、道の駅、高速道路のパーキングエリア等でもお買い求めいただけます。

エキソンパイ

エキソンパイはパイ生地でくるみ餡を包み焼き上げた焼き菓子です。
エキソンとはフランス語で「盾」という意味で、四角いエキソンパイの形は盾をイメージしています。
エキソンパイはままどおると同じく三万石というお菓子屋さんでお買い求めいただけるほか、各駅のお土産コーナー、道の駅、高速道路のパーキングエリア等でお買い求めいただけます。

円盤餃子

餃子といえば栃木県のイメージですが、福島では円盤状に焼いた円盤餃子が有名です。
その味や焼き方はお店によって様々ですが、たっぷりの油で揚げ焼きにし、もっちりとした皮が特徴です。
かつて満州から引き揚げてきた人々が生活を営むために飲食店を経営し始めたのが円盤餃子の発祥です。
円盤餃子は、福島駅周辺にも食べられるお店がいくつかあります。
また、福島駅から程近い飯坂温泉駅の周辺では、円盤餃子の元祖といえるお店があります。
温泉につかり、疲れを癒した後にお酒と餃子でお腹を満たしてみてはいかがでしょうか。

ソースカツ丼

福島県西部に位置する会津地方では、カツ丼といったらソースカツ丼といわれるほど有名なグルメです。
会津地方でソースカツ丼が主流になったいきさつはまだ解明されていないといいます。
あったかいご飯の上にキャベツの千切りをのせ、甘い独特のソースにつけたカツがどーんと乗っているのが会津のソースカツ丼の特徴です。
会津地方はかつて戊辰戦争の戦いの場とされましたが、会津に住む人々はその戦いや寒さに負けない強い忍耐力や頑固さを持っています。
ソースカツ丼はお店によって味や見た目も違いますが、どのお店もお客様に一番おいしいものを提供したいという頑固なこだわりは共通しています。
たくさんのお店で食べ比べしてみてはいかがでしょうか。
会津のソースカツ丼は各お店のほか、道の駅、高速道路のパーキングエリア等でも食べることができます。

会津のお蕎麦

会津地方といえば歴史にまつわる観光スポットで有名ですが、お蕎麦の産地としても有名です。
会津地方は盆地で、お米もたくさんとれる地域です。しかし昔から会津の人々は、お米にも引けをとらないお蕎麦を育て上げてきました。
一般的なお蕎麦も有名ですが、会津地方にはちょっと変わったお蕎麦もあります。
ひとつはお蕎麦の上ににしんの天ぷらやまんじゅうの天ぷらを乗せて食べるお蕎麦。
会津地方は海が近くにありません。そのため、干物のにしんやするめを天ぷらにして食べる習慣があったんです。
また、会津地方には磐梯山という大きな山があり、そこのきれいな雪解け水で戻したにしんやするめの味は格別です。
ふたつめはまるまる一本のねぎで食べるお蕎麦。
これは会津地方の山の奥、大内宿で食べられます。
会津藩主が育ったのは長野県高遠。高遠そばで有名な地域です。
そこから持ち帰ったねぎと、会津の特産品のお蕎麦をあわせた、歴史のある食べ物です。
ピリッと辛いねぎと、冷たいお蕎麦がとてもおいしいです。

赤べこ

べこ、とは福島県の方言で「牛」という意味です。
会津の郷土玩具で、子供の魔よけの意味があります。
赤い色は魔よけの色として、平安時代にはやった疫病を払った赤い牛の伝説や、かつて会津地方に天然痘がはやったときに赤べこを持っていた子供はかからなかった、といった伝承が受け継がれています。
首と胴体の接続部分に隙間があり、首を指で動かすと首が上下に動く仕組みになっています。
その様子はとってもかわいらしく愛嬌があり、見ているだけで癒されます。
会津地方では赤べこの絵付け体験も行われているので、是非自分好みの赤べこを作ってみてください。

起き上がり小法師

起き上がり小法師は会津地方に昔からある小さな人形です。
これを指で倒しても必ず起き上がってきます。震災後ニュースで有名になりました。
その姿は七転八倒を意味し、倒れても必ず起き上がるという強い精神です。
起き上がり小法師が売られているお店では、必ずしっかり起き上がるか確かめられるスペースがあります。
実際に好きなお顔や色の小法師を選んで、しっかり起き上がるか確かめてからお買い求めください。

会津ほまれ化粧水

会津は磐梯山からながれる雪解け水、お米の産地として有名ですので、お酒の酒造もたくさんあります。
有名な酒造メーカーほまれ酒造が開発したのが、「会津ほまれ化粧水」です。
お酒をつくる杜氏は手がきれいだとか、日本酒を飲む人の肌はもちもちだ、と聞いたことはありませんか?
お米から作られる日本酒には、豊富なアミノ酸やお肌にいい成分がたくさん含まれています。
この化粧水には、会津ほまれの純米酒が60%も含まれています。
また保湿性も高く持続力も高いこの商品は、肌トラブルを抱える方々のお肌の問題を解決すること間違いなしです。

福島県のお土産について

円盤餃子

餃子といえば栃木県のイメージですが、福島では円盤状に焼いた円盤餃子が有名です。
その味や焼き方はお店によって様々ですが、たっぷりの油で揚げ焼きにし、もっちりとした皮が特徴です。
かつて満州から引き揚げてきた人々が生活を営むために飲食店を経営し始めたのが円盤餃子の発祥です。
円盤餃子は、福島駅周辺にも食べられるお店がいくつかあります。
また、福島駅から程近い飯坂温泉駅の周辺では、円盤餃子の元祖といえるお店があります。
温泉につかり、疲れを癒した後にお酒と餃子でお腹を満たしてみてはいかがでしょうか。

ソースカツ丼

福島県西部に位置する会津地方では、カツ丼といったらソースカツ丼といわれるほど有名なグルメです。
会津地方でソースカツ丼が主流になったいきさつはまだ解明されていないといいます。
あったかいご飯の上にキャベツの千切りをのせ、甘い独特のソースにつけたカツがどーんと乗っているのが会津のソースカツ丼の特徴です。
会津地方はかつて戊辰戦争の戦いの場とされましたが、会津に住む人々はその戦いや寒さに負けない強い忍耐力や頑固さを持っています。
ソースカツ丼はお店によって味や見た目も違いますが、どのお店もお客様に一番おいしいものを提供したいという頑固なこだわりは共通しています。
たくさんのお店で食べ比べしてみてはいかがでしょうか。
会津のソースカツ丼は各お店のほか、道の駅、高速道路のパーキングエリア等でも食べることができます。

会津のお蕎麦

会津地方といえば歴史にまつわる観光スポットで有名ですが、お蕎麦の産地としても有名です。
会津地方は盆地で、お米もたくさんとれる地域です。しかし昔から会津の人々は、お米にも引けをとらないお蕎麦を育て上げてきました。
一般的なお蕎麦も有名ですが、会津地方にはちょっと変わったお蕎麦もあります。
ひとつはお蕎麦の上ににしんの天ぷらやまんじゅうの天ぷらを乗せて食べるお蕎麦。
会津地方は海が近くにありません。そのため、干物のにしんやするめを天ぷらにして食べる習慣があったんです。
また、会津地方には磐梯山という大きな山があり、そこのきれいな雪解け水で戻したにしんやするめの味は格別です。
ふたつめはまるまる一本のねぎで食べるお蕎麦。
これは会津地方の山の奥、大内宿で食べられます。
会津藩主が育ったのは長野県高遠。高遠そばで有名な地域です。
そこから持ち帰ったねぎと、会津の特産品のお蕎麦をあわせた、歴史のある食べ物です。
ピリッと辛いねぎと、冷たいお蕎麦がとてもおいしいです。

柏屋薄皮饅頭(柏屋)

岡山県の大手まんぢゅう・東京都の志ほせ饅頭と並び、日本三大饅頭のひとつになっているのが福島県の柏屋薄皮饅頭で、歴史のあるお菓子です。こしあん、つぶあんそれぞれの美味しさがあり、お好みで選べます。あんこが甘すぎず、誰からも愛される味だと思います。

幸福の黄色いブッセ(お菓子のさかい)

表面が少しザラザラの触感があり、中はふわふわのスポンジケーキの間に小さい角切りのチーズとクリームが挟んである食感が楽しく美味しいお菓子です。

凍天(もち処木乃幡)

丸いドーナツの中に凍み餅という一度乾燥させた、よもぎ餅が入っているお菓子です。フワフワサクサクの生地をかじると、中からビヨーンとお餅が伸びて、とても楽しいお菓子です。出来立てが美味しいのですが、自宅で温め直して食べても美味しく食べられます。

あわまんじゅう(小池菓子舗)

黄色いつぶつぶの穀物の「あわ」をあんこの回りに付けて蒸したお饅頭です。食感が面白くて癖になる美味しさです。見た目が、黄色くて可愛いところもお土産としてオススメです。

バームクーヘン(バウムラボ樹楽里

小麦粉を一切使用せずに、福島県産の米粉100%で作ったバームクーヘンです。
しっとりフワフワが美味しいソフトクーヘンは、プレーンとチョコがあります。
そして、ハードタイプのバームクーヘンは、発酵バターを使用しているので風味豊かな味を楽しめます。また、メッセージが書かれたものや小分けになっている商品もあるので、お土産にぴったりです。

生チョコケーキ(大黒屋)

くるみゆべしや、梅どら焼などが有名な和菓子やさんですが、お子さんには、この生チョコケーキがオススメです。しっとりとしたチョコレートケーキで、小さいサイズなのが食べやすくて嬉しいです。

あんぽ柿(伊達市)

11月頃に収穫された柿は、自然乾燥されて、吊り下げられた干し柿が、オレンジ色のカーテンのようになり、作っている過程まで見どころがあります。そうして出来上がったあんぽ柿は、中は半生でとろとろの美味しい干し柿になります。自然の甘さが癖になる美味しさです。

クリームボックス(ロミオ)

郡山市の名物パンといえば、「クリームボックス」です。郡山のパンやさんで販売されていて、お店によって色々と特徴があります。そのなかでも、ロミオのクリームボックスがオススメです。小さめの食パンの上にミルク味のクリームが塗られて焼き上げられています。他に、アーモンドが乗っているものもあり、トロトロクリームが美味しい郡山の名物パンです。

喜多方ラーメン(河京)

旨味のあるちぢれ麺と、さっぱりとしていて、こくのあるスープが自慢の喜多方ラーメンを自宅で楽しむことが出来ます。

大七(大七酒造)

260年以上の歴史がある酒蔵のお酒です。こちらの酒蔵は全商品を生もと造りで醸造するこだわりのある酒蔵で、お酒好きな方へのお土産にはぴったりです。

大漁旗(鐘崎)

化学調味料、保存料を使わず、魚の味を楽しむことが出来るかまぼこです。弾力があり、とても美味しいです。

馬刺し(会津若松)

真空パックされた生食用の馬刺しはお土産で、自宅で楽しめます。にんにく味噌との相性が抜群です。

さるなしジュース(玉川村)

玉川村の名産のくだもの「さるなし」のドリンクです。さるなしは、ビタミンcたっぷりで、亜鉛も含まれている健康フードです。珍しさがあり、さっぱりとした美味しいジュースです。

じゅうねん(下郷村)

じゅうねんは、エゴマのことで、福島県ではエゴマを食べると十年長生きすると言わせていることから、「じゅうねん」と呼ばれています。じゅうねんを使用したドレッシングやお味噌などのお土産品があります。

会津漆の食器(喜多方)

漆塗りの食器は、お正月など年に数回しか使わないイメージのものですが、会津漆塗りの食器は熱に強く、軽いつくりになっているので普段使いしたい美しい食器でオススメです。

会津絵ろうそく(会津)

江戸で使われる2/3の和ろうそくが会津で作られていたと言われるほど、昔から愛され続けている一品です。
季節の花ばなを職人さんが一筆一筆心を込めて描いた絵ろうそくはとても美しく、お土産にぴったりです。

白河だるま(白河)

「まゆは鶴」、「ひげは亀」、「耳ひげは松と梅」、「あごひげは竹」を表しています。白河藩主 松平定信が絵師の谷文晁に図柄を考案させて作らせた、縁起ものです。
昔ながらの赤色だけでなく、黄色、ピンクなど可愛いものもあります。

タイ行ってきたまとめ

国内行ってきたまとめ

-福島

Copyright© おひとりトラベラー(おひトラ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.