おひとりトラベラー(おひトラ)

タイと日本とナンパの日記

北海道

【2018年版】北海道でおすすめのお土産20選。スイーツ・グルメ・雑貨など

三方六のバームクーヘン

北海道釧路市春採の柳月本店の大人気商品。白樺の樹皮をイメージしたバームクーヘン。チョコレートがコーティングされ、プレーン、メープル味など他ミニサイズもある。種類が豊富になり、手頃なお土産。北海道全域の空港や駅での購入可。

白い恋人

CMでも有名となった、札幌名物、観光土産として選ばれている、石屋製菓のチョコレートサンドクッキーラングドシャー。お洒落な缶入り。メインであるホワイトチョコレートのものと、チョコレートタイプの一口大のクッキー二種類が売られている。

トラピストバター

函館のトラピスト修道院で作られている天然発酵のバター。函館はクリスチャンの聖地のように洋風で、古い由緒ある教会が多くある。旅の思い出のお土産に。缶入りで蓋にはトラピスト修道院がデザインされている。お土産として修学旅行生などにとても喜ばれている。トラピストクッキーが有名。

夕張メロン

オレンジ色の宝石のゼリーのような夕張メロンは、北海道の大自然で育った大きく丸い網の目が特徴の、メロンの王様。ゼリーなど、様々な安価な商品として人気だが、本物は値段も高い。ジューシーな果肉で有名な夕張キングメロン。

Sponcerd


毛ガニ

釧路港市場で蟹を買うなら、初心者はお正月にタラバを選ぶかも知れないけれども、地元の人が普段から、お祝いなどで食べているのは毛ガニ。美味しい!市場でも一番プッシュしてくれる。大きな毛ガニが揃っている。その場で茹でたものを遣わしてもくれることで有名。

いくら醤油漬け

北海道ぎょれん。その他。
海の宝石・いくらのお土産を購入するなら本場の釧路港市場へ。市場めぐりでお土産を選ぶ楽しみ。買い物の後には食堂で絶品グルメを。海鮮いくら丼などを楽しみに観光客が集まる。

花畑牧場の生キャラメル

深夜ラジオ放送で大人気だった、タレントの田中義剛さん。花畑牧場の農場で作られている生キャラメルは、空港で必ず手に入る。口の中で溶ける、とても上品な味のキャラメル。逸品。プレーン、チョコレート、マンゴー、夕張メロンと色々な種類がある。

マルセイバターサンド

六花亭のお菓子。銀色に赤のロゴマークの包み紙のマルセイバターサンドは、六花亭の最高峰。レーズンが苦手でもクリームサンドの勢いで、気がつくと10個は食べていた。ひたすら甘く、柔らかくふんわりとした後味を残すレーズンクリームサンドクッキーは、他社とは比較にならない独特の風味を持っている。

まりもようかん

緑色のまる。まりもっこりのキャラクターなど、阿寒湖の可愛いマリモをお土産に。まりもは北海道道東の澄んだ美しいカルデラ湖にしか住んでいない。長く愛され続けている観光土産。まりもようかんは丸い羊羹の形のまま、爪楊枝で刺して食べる。

Sponcerd


はこだてわいん豊浦スイートいちごわいん

ラベルに苺のイラストの豊浦スイートいちごわいんと書かれている。有名な函館のワイン。北海道では各地マーケットの酒類コーナーに並ぶ。豊浦産イチゴ味の白ワインはとても甘くてフルーティで辛味が一切ない。

黒猫シリーズ 黒猫ストラップ

小樽はガラス工芸が盛んな観光地。オルゴール堂も小樽にはあるが、何と言っても小樽産の美しいガラス細工。小樽硝子屋本舗~和蔵~には、黒猫のシリーズが沢山ある。お土産として、他、ユニークな十二支の根付などがある。

香水ラベンダー

一面のラベンダー畑を見たければ、ファーム冨田へ。心に安らぎを与える、ラベンダーの香り。北の国からに憧れて、聖地に訪れる観光客もいる富良野。北海道の大自然に美しい紫色やピンクの野原の絨毯が一際目立ち、景観のみならずラベンダーハーブの香りが様々な雑貨として販売されている。

芝桜ソフトクリーム

ひがしもこと芝桜公園の売店で売られている、ここでしか食べられないスイーツ。芝桜が見事な公園を散策したり、特色のある施設を見学した後は、思いを残さずお土産売り場へ行き、綺麗な桜色の桜風味のソフトクリームを食して帰るべし。

すみれラーメン

すみれ札幌本店は行列のできるとんこつラーメン店として大人気。太麺、濃口、家系ラーメン。コンビニやスーパーにカップラーメンが販売された程。すみれの手作りラーメンセットは、土産販売店、ラーメン博物館や空港その他で購入できる。

Sponcerd


アイヌ彫刻アクセサリー

様々なデザインと種類があり、アニメの世界のよう。コレ!と思った彫刻は欲しいと思った時に思い切って、旅行の思い出に買っておきたい。アイヌコタンや周辺の阿寒、釧路湖周辺の観光地でしか売っていない、アイヌのお土産。

文明堂

文明堂のカステラは、烏骨鶏の卵とカステラの裏側の焦げ目がついた部分の大粒のザラメ。甘さのバランスが絶妙で食べ応えのある、旨味が凝縮されたカステラは三時のおやつのCMで有名、美味しい北海道産のカステラです。

北海道コスメ

肌で食べる北海道がキャッチフレーズ。スイーツスキンケア、あずき石鹸、ピュアハニーボディソープなど、北海道のお土産としてだけではなく、基礎化粧品の種類がほぼ出揃っている。北海道の特産品として、有名メーカーに劣らないラインナップが特徴。

稚内市のホタテ

甘い、美味しい、粒ぞろいのホタテが食べたいなら宗谷地方の特産品をオススメ。北海道の最北端の街、稚内市がある宗谷地方の丘陵では山の幸の宗谷黒牛も育てられている。海の幸派なら断然ホタテが美味であり、その他、燻製品が道の駅で販売されている。お土産の名物。

硫黄山の温泉たまご

硫黄山は摩周湖の次に観に行く観光スポットとして有名。北海道川上郡弟子屈町の川湯温泉に近い。道東のドライブには欠かせない一風変わった景勝地。活火山の観光地となっており、周辺は、たまごの匂いのような火山特有の硫黄のにおいがしているので、温泉たまごの風味をオススメします。

Sponcerd


わかさいも

洞爺湖の銘菓で、おいもの形をしたおまんじゅう。中身はあんこではなく、手亡豆のあん。繊細なあんです。見た目、味ともに白あんのようだが、しつこくなくほどよい甘さ。本物のお芋のように中には昆布で出来た繊維が入っていてアクセントになっています。皮の部分が変わっていてお醤油の香ばしい香りがほんのりする変わったおまんじゅう

北菓楼のシュークリーム

パイ生地とクッキー生地二種類ありますが、どちらもそれぞれ違った美味しさがあります。サクサクとしたクッキー生地とパリパリとしたパイ生地好みで選べるのもいいところです。中にはクリームがたっぷり。一口食べると溢れ出てくるほどです。とても大きくボリュームたっぷりですが、くどくない甘さでペロッと食べれてしまいます。

スナッフルスのスフレチーズケーキ

函館のスナッフルス。このチーズケーキは本当に軽くて酸味もあり、さっぱりしているので甘いのが苦手な方にもおすすめです。ひとつずつ包装されており、おすそ分けにもつかえます。チョコ味もあります。パッケージがレトロでとてもかわいいです。空港にもありますが、他の定番おみやげより売っているところが少ないので、人とかぶらないおみやげになりそうです。

白いバウム

「白い恋人の石屋製菓のバウムクーヘン。見た目がまず真っ白です。白い恋人に使われているホワイトチョコが練りこまれているのでしっとり優しい甘さでパッケージもシックで上品です。

ルタオのチーズケーキ

こちらのチーズケーキは酸味があってとても濃厚なのに全然しつこくなく、ペロッと食べれてしまいます。ホールで販売していますが小さめなのでおみやげサイズにもいいですし、見栄えも立派です。

ジンギスカン

北海道のソウルフードです。生や味付き、冷凍等色んなタイプのジンギスカンがあり、それぞれ好みが分かれるところですが、空港などおみやげ屋さんで手に入りやすいのは味付ジンギスカンです。一番有名なのは松尾ジンギスカンですかね。おうちで手軽に楽しめます。最近は煮込みジンギスカンもあります。

Sponcerd


こまい

北海道の魚です。氷下魚と書きます。クセのない白身のお魚でお酒のおともに最適です。焼いてマヨネーズ醤油と七味で食べるのがおすすめです。お値段もお手頃なものが多いです。

鮭とば

北海道のおつまみです。鮭を干していて、うまみが凝縮しています。お酒にとても合います。基本的にはかたいですが、柔らかいソフトタイプもあります

松前漬け

こんぶや切りいかの入ったねばりのあるお漬物。お漬物といっても普段食べているお漬物とは全く別物です。甘めの味付けでかずのこやスルメイカが入っており、ご飯のおともにもお酒のおつまみにも両方あいます。会社によって味付けが違うので色々試してみるのもいいかもしれません。

かま栄のかまぼこ

小樽にあるかまぼこ屋さん。小樽以外にも札幌駅や新千歳空港でも売っています。一般的なかまぼこではなく、揚げているさつま揚げのようなものです。色んな具材のバリエーションがあってどれにしようか迷ってしまいます。空港限定の味もあります。

じゃがバター

北海道のおいしいじゃがバターがひとつずつ真空パックになったものです。温めるだけで食べれるので気軽に食べれるのもいいところです。

Sponcerd


牧家の飲むヨーグルト

牧家というイタリアンレストランのだしている飲むヨーグルト。どろっとしていてヨーグルトかと思うくらい濃厚です。マンゴーやストロベリー味もあり、それぞれおいしいです。

ナイアガラワイン

小樽のワインでブドウの味がとても濃く、ジュースのような味わい。飲みやすいけど甘すぎず、ワインが苦手な人にもおすすめです。

タイ行ってきたまとめ

国内行ってきたまとめ

-北海道

Copyright© おひとりトラベラー(おひトラ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.