おひとりトラベラー(おひトラ)

俺が知りたいひとり旅情報まとめ

国内旅行 香川

【虹の滝キャンプ場】香川高松から車で一時間の大自然を堪能できるキャンプ場

更新日:

連休のタイミングで久々に自然と触れ合いたくなって友人と香川県のキャンプ場に行ってきました。

今回行った虹の滝キャンプ場という名前の滝あり自然あり電波なしというというとにかく現代の喧騒から離れてリラックスしたい人にはぴったりのキャンプ場です。

さすがに電波が無いのは驚きましたね。笑

抜群のアクセス

虹の滝キャンプ場は香川県と高知県の県境にありながら、県庁所在地である高松市から車で1時間という抜群の立地にあります。

Sponcerd


さすが日本一狭い都道府県なだけありますね。

予約方法

虹の滝キャンプ場は三木町が管理しているので、三木町役場の業務時間内に窓口に電話して空き状況を確認します。

なんとバンガロータイプで高くても5,000円というとんでもない破格です。

電話番号 087-891-3308(三木町役場 産業振興課)
営業時間 年中
料金 水道等施設の使用料:10人未満500円 11~29人1,000円 30人以上1,500円
バンガロー1棟3,000円、5,000円 持込テント1張1,000円
駐車場 60台
ウェブサイト 公式サイトを見る

管理棟で料金を支払う。

到着すると写真のような受付があるのでここで管理人さんにバンガローのカギを借りたり、持ち込みテント代を払います。

といっても管理人さんほとんどいません。

しかもここに到着した段階ですでに携帯の電波が入りません。笑

ざっくりとした到着時間を伝えておかないと管理人さんに会えないので注意しましょう。

虹の滝キャンプ場はとりあえず場所が用意してあってあとは全部自分でやってくださいというスタンスのキャンプ場でしたので、ある意味かなり気楽です。

Sponcerd


バンガロー

管理人さんと合流したらバンガローを案内してもらいます。

このバンガローすごいんです。初めて5,000円が高いと思ってしまいました。

バンガロー内にはコンセントが二口あるだけで、それ以外は何もありません。

本当に殺風景なバンガローです。エアコンもないので暑かったり寒かったりしたら大変です。しかも電波も入りません。笑

滝は最高でした

虹の滝キャンプ場の最大の魅力は滝です。滝まではバンガローから歩いて3分ほどです。

Sponcerd


バンガローを出て下るとすぐに川があるので、その川に沿って上流のほうに歩きます。

川沿いには彼岸花がたくさん咲いてました。

滝が見えてきました。

到着です。写真だと全然迫力が伝わりませんが、少し恐怖感を感じるほど大きいです。高さは10メートル以上あります。

もう少しアップにしてみます。

滝壺周辺は大人でも泳げるくらいの深さがあります。水は澄んでいて流れもありません。最近は安全面が重視されていてなかなか泳げる場所がないので最高にリフレッシュできました。

Sponcerd


電波が入らないし、滝はありますがお風呂はないのでガチな方向けにはなりますが、値段は安いですし、リフレッシュしたい方にはおすすめです。

虹の滝キャンプ場詳細

アクセス

予約方法

虹の滝キャンプ場は三木町が管理しているので、三木町役場の業務時間内に窓口に電話して空き状況を確認します。

なんとバンガロータイプで高くても5,000円というとんでもない破格です。

電話番号 087-891-3308(三木町役場 産業振興課)
営業時間 年中
料金 水道等施設の使用料:10人未満500円 11~29人1,000円 30人以上1,500円
バンガロー1棟3,000円、5,000円 持込テント1張1,000円
駐車場 60台
ウェブサイト 公式サイトを見る

香川のホテルを安い順に検索

ホテル予約は各予約サイトを比較した最安値を選びましょう。

香川のホテルを安い順で検索

タイ行ってきたまとめ

国内行ってきたまとめ

ライター募集。あなたの思い出をウェブに残しませんか?

※1 実際に観光してきた名所や訪れた名店などを紹介していただけるライターを募集しています。少ないですが謝礼もお支払いします(Amazonギフト券500円)。ノルマなどはありません。
※2 ライター応募は下記リンクからLINE@をご登録いただきご連絡ください。詳細をご説明します。
友だち追加

-国内旅行, 香川

Copyright© おひとりトラベラー(おひトラ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.