おひとりトラベラー(おひトラ)

俺が知りたいひとり旅情報まとめ

旅行便利情報・グッズ

【バンコクの現地SIMが超安い】イモトのWiFI借りてる場合じゃない。

更新日:

初めてのバンコク旅行でトラブルに逢いまくってます。日本の空港でWiFi借りるの忘れてしまったり、初日のホテルの場所が遠すぎていけないことに気が付いたりてんやわんやです笑

でも海外旅行ってそういう困難を楽しむものなのかなと思っていて、正直意外に楽しめています。

今回は日本で借りるの忘れたWiFiをバンコクのスワンナプーム国際空港で借りたらむっちゃ安かった話です。

モバイルルーターは海外に行く前に準備すべき?

スマホが既に体の一部になった現代人にとってインターネット接続は死活問題です。まともに言葉もわからない海外でしかもインターネットも使えなかったら本当に詰むんじゃないかって怖いですよね。

だからこそ多くの人は国内の空港でモバイルWiFiをレンタルして海外に持っていきます。現地の空港についてモバイルWiFIを起動したらその瞬間から日本にいるときと同じようにインターネット接続ができるのでありがたい存在です。

もちろん私も不安を抱えていたので、イモトのWiFiを予約して空港で受け取る設定にしていましたが、普段使わない空港で走り回っている間にモバイルWiFiを借りていないことに気づいたのは飛行機の中でした。これにはマジで焦りましたね。

Sponcerd


今はどこでも無料WiFiだらけ

とはいえ忘れたものは仕方ないのでまず現地の空港についてからインフォメーションの人に「フリーワイファイ」と伝えるとWiFiのIDとパスワードを書いた紙を渡してくれました。

紙に書いてあるとおりに進めると、、、WiFI繋がったーーー!!!!

いやーこれは本当に焦りました。タイ語って読めないんですよね。もう何をどうしていいかもわからなかったんですが、日本語で検索出来れば無敵です。

というか今ってどの空港も外国人観光客向けにとりあえずWiFiはあるので、そんなに焦る必要はなかったんです。

タイはプリペイドSIMが主流

空港内でパソコンを開いてモバイルWiFiについて調べると、タイではどうやらモバイルWiFiではなくプリペイドSIMを買うのが一般的らしいです。

どこで借りるか考えながら荷物を受け取って、振り返るとありました。

SIMってかいてあるじゃん。借りるしかねぇ!!!

早速無言で近づいて値段表を見ます。聞きたくても聞けないので必死です。

ふむふむなるほど。15日間で6ギガが599バーツ(1,800円)...イモトのWiFiよりむちゃくちゃ安いじゃん!!!

Sponcerd


しかも話を聞くと100分の無料通話までついてるそうです。

そんなに電話しねぇよって話ですがあると便利でしょう。

これください!って指さしてお金と払ってパスポートを見せるとお姉さんがその場で設定してくれます。

プリペイドSIMはいいことだらけ

今回人生で初めてプリペイドSIMを使いましたが、日本で借りるモバイルWiFiと違っていいことづくめでした。

メリット① 端末保証がいらない

モバイルWiFIを借りるということは通信をするための機会を別で借りるということになるので、海外にいる間もその機会を慎重に扱う必要があります。

それでも万が一壊してしまうと高額(10,000円くらい?)な端末代を請求されるので、それを避けるために保険に入るんですよね。

この保険がまた高い!

通信費だけで1日600円とかとってるくせに保険料でまた一日500円とかかかるんだからやってられません。

プリペイドSIMはSIMをもらえます。機会は自分のスマホです。モバイルWiFiの機械は借りないので保証もいりません。

Sponcerd


メリット② 充電する機械が増えない

これ地味にすごく楽です。モバイルバッテリーの充電状況を気にしたくありません。

プリペイドSIMはいつも使っているスマホに入れれば使えるので、スマホを使う感覚が日本にいるときとまったく同じなんですよね。

それでなくてもスマホは充電しないといけないのに、モバイルバッテリーの充電も考えるのはめんどくさすぎます。

プリペイドSIMなら悩みが一つ減ります。

メリット③ WiFiに接続する手間がない

モバイルWiFIの場合スマホを使うためにはまずモバイルWiFiの電源をつけて、スマホをモバイルWiFIに接続して、ってめんどくせぇ!!!

しかもバッテリーが気になってモバイルWiFiに常時接続することもできません!

モバイルWiFiって持っててもバッテリーが気になるから結局ほとんど使わないってパターン多いんです。

プリペイドSIMならバッテリーを気にするのはスマホだけ。しかも常時ネットワークに接続しているのでLINEも即返信できちゃいます!

Sponcerd


デメリット SIMフリースマホ限定

逆にデメリットなんですが、導入障壁が大きいです。

海外のSIMなので、スマホにSIMロックがかかっていると使えません。

そのために、キャリアでスマホを購入した人はSIMロックを解除しておく必要があります。

家電量販店でスマホを購入した場合は問題ありません。

特に、タイでも発売されているような世界で人気のモデルであれば、SIMカードを入れた段階で自動的に接続されるのですごく楽です。

私は最近発売したHuaweiのP20を使っていたので助かりました。

イモトのWiFiとの価格比較

最後に、バンコクで借りれるSIMとバンコクで使えるモバイルWiFiの値段を比較しておきます。

イモトのWiFI

イモトのWiFi
4G
500MB/日 1,280円/日
1GB/日 1,580円/日
500MB/日 23,000円/30日
3G
500MB/日 680円/日
500MB/日 14,200円/30日

現地プリペイドSIM

現地SIM
5日プラン 4.5GB(期間合計) 299バーツ(900円)
8日プラン 6GB(期間合計) 599バーツ(1800円)
15日プラン 10GB(期間合計) 649バーツ(1,950円)
20日プラン 4.5GB(期間合計) 549バーツ(1,650円)
30日プラン 12GB(期間合計) 899バーツ(2,700円)
30日プラン 20GB(期間合計) 1,249バーツ(3,750円)

しかもイモトのWiFiは保険料とかはまた別でかかります。

これ日本で借りるのもったいなさすぎますね。

まとめ

とりあえずバンコクに限った話ですが、モバイルWiFiが無くてもどうにでもなります。

みなさんスマホのSIMロックは解除しておきましょう。

タイ行ってきたまとめ

国内行ってきたまとめ

-旅行便利情報・グッズ

Copyright© おひとりトラベラー(おひトラ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.